しろ彩 ulu

しろ彩とULUを検証してみよう!

 

 

頬・鼻、あご部分など赤くなり、赤ら顔で恥ずかしい、悩みの種になっているという方ってあまり人に相談はできないですが、けっこう多いかと思います。

 

わたしも今までずっと悩んでましたからお気持ちはすごくわかります・・・。

 

 

赤ら顔は、皮膚が薄かったり、敏感肌だったり、皮脂分泌が多かったり、、、など様々な要因が考えられます。

 

わざわざ時間をかけて皮膚科で診察を受けても、「原因がわからない・・・」と言われ、とりあえずビタミン剤やちょっと高い化粧水を渡されるだけで、特に解決策が見つからない場合だってあります・・・。

 

わたしも、救いを求めて何か所も皮膚科をまわったりしましたが、良くなることはないのでもうあきらめかけてました。

 

 

「もう、赤ら顔はしょうがない・・・。このまま生きていこう・・・。」

 

 

そう、半ばあきらめてたのですが、ネットで【赤ら顔専用の化粧水】があることを知りました!

 

 

その中でも、【白漢しろ彩」と【ULU】はさまざまなメディアでも人気があり、注目度が高い商品でした。

 

 

【白漢しろ彩】は、3つの保湿成分、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンが配合されているので、保湿力は抜群にあります。

 

また、無添加にもこだわりがあるため、アルコールやパラベンなど使用していませんし、敏感肌でも安心して使用できます。

 

 

一方、【ULU】は、抜群の浸透力があり、肌の潤いをつけた瞬間から実感できます。

 

特殊浸透水のマイナスイオンの働きで、角質層深部まで潤いを浸透させることができ、肌が自然と滑らかになるのを実感できるようになります。ULUは、化粧水状のオールインワン化粧品で使いやすいです。

 

 

簡単に二つの【赤ら顔専用の化粧水】についてご紹介しましたが、こちらのページでは【白漢しろ彩】と【ULU】のどちらを購入すればいいか迷ってる方に向けてそれぞれの特徴、実際に利用されてる方の口コミなどを比較していきますので、ご購入検討中の方は是非ご参考にして頂ければ幸いです^^

 

 

 

 

 

 

 

しろ彩とULUは、どんな肌に合うの?

 

 

 

「しろ彩とULUを使ってみたいけど、敏感肌にも合うのかな・・・。」

 

など疑問に感じている方も多いかと思います。

 

赤ら顔の方は、肌が薄く、敏感で乾燥している肌の方も多いため、刺激があるものを使うと肌トラブルにつながり余計に赤くなってしまうことも考えられます。

 

【しろ彩】と【ULU】をは、どちらも天然由来の成分が使用されていますし、浸透力が抜群に良いので、つけ心地もよく、安心して使うことができます。

 

 

【しろ彩】は、4つの和漢エキスや高浸透型ビタミンC誘導体が配合され、アルコールやパラベンなどの添加物を一切使用していなく、お肌に優しい無添加を実現しています。

 

【ULU】は、セラミド、ヒアルロン酸、スクワラン成分など5種類の保湿成分がたっぷり含まれてオールインワン化粧水になります。

 

 

【しろ彩】と【ULU】は、共に浸透力が優れているので使い続けていると肌が綺麗になるのを実感できるようになりますし、敏感肌の方も安心して使える成分になっています。

 

 

 

しろ彩とULUを使い続けているとホントに赤ら顔は良くなるの??

 

 

 

「【しろ彩】と【ULU】かを使うと、赤ら顔が本当に解消されるか知りたい!」というのが、なによりもまず気になるところですよね。

 

皮膚科へ行っても原因が分からないなど、赤ら顔で悩んでいる場合、本当に改善されるか心配だと感じている方も多いです。

 

 

赤ら顔の原因として毛細血管の拡張をケアすることが重要になります。

 

 

【しろ彩】は、高濃度ビタミンC誘導体が肌に浸透することで、顔の赤みを改善でき、肌の奥まで浸透するので、バリア機能が働き綺麗になります。

 

 

【ULU】は、スクワラン・セラミド・ヒアルロン酸など保湿成分がたっぷり配合され、浸透力もあるため、バリア機能ができ肌をガードすることができます。また、セラミドを浸透させることで肌トラブルを解決することができます。

 

 

【しろ彩】と【ULU】は、浸透力が抜群に良いため、肌質が変化し、赤ら顔も次第に気にならなくなります。

 

 

 

しろ彩とULUの使い心地と値段はどうなの??

 

 

 

赤ら顔を改善するためには、長く使い続けることが重要なポイントになります!

 

肌のターンオーバーが上手にできるようになり、肌質を変化させて赤ら顔対策をしっかり行うことが何より大切になりますからね。

 

 

【しろ彩】は、薄い白みがあり、とろみのある化粧水で、赤みが気になる部分や乾燥しがちな部分は、重ねづけすると潤い感が更にアップします。

 

【ULU】は、オールインワン美容液で、これ1本でスキンケアできます。浸透力がとても高く、つけ心地はベトつき感もなく、さらっとしてしっとり潤う肌になります。

 

 

お値段については、定期購入することで通常価格より、かなりお得になります。

 

しろ彩は、20%オフの4480円、ULUは20%オフの6400円です。ちなみにULUは、1本2ヶ月分の容量が入っています。

 

定期購入すると、うっかり買い忘れもなく長く活用することで赤ら顔も自然と改善されるようになります。

 

 

 

結局、しろ彩とULUのどちらがおすすめなの??

 

 

 

「で、結局どっちがオススメなの?」って結論なんですが、わたしは【しろ彩】がおすすめです!

 

 

 

 

【しろ彩】も【ULU】もどちらも成分にこだわりがあり、低刺激で保湿力が高く優秀な化粧品だと言えます。

 

 

しかし、赤ら顔対策の化粧品として比較すると、赤みをケアする効果の高い白漢しろ彩に軍配があがります。

 

 

お値段はULUシェイクモイストミルクよりも若干高くなりますが、赤ら顔の最大の原因とも言える毛細血管拡張による赤ら顔もケア出来るという点がポイントです。

 

 

さらに、【しろ彩】には、「30日間返金保障制度」という初めての方でも安心してお試しすることができますのでここもポイント。

 

実際にわたしはこの制度を使って、ダメ元で1カ月試してみました(笑)

 

まずは約1ヶ月間ほど続けてみて、肌のターンオーバがスムーズにできるか、肌に合うかどうか確認してみることは大切です。

 

赤ら顔が自然と改善されるようになるには、しばらく使ってみることが何より重要になります。ターンオーバがスムーズにできると、赤ら顔も変化してきます。

 

お得な返金保障制度やキャンペーンなどに関しましては、期間によって異なりますので是非、公式サイトをチェックしてみてください^^